スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:ゴルフ


    調子が悪い時には、トップばかりをしたりまたはダフってばかりしてしまうことも少なくありません。今回はトップボールばかり出てしまう場合について説明したいと思います。

    トップボールばかり出てしまう主な原因としては、上体の上下動が考えられます。特にその中でも、ひざの伸び上がりが原因になっている場合がほとんどと言えます。
    また、ドライバーですくい上げるような打ち方をしている人などは、アイアンでもトップが出てしまうケースがあります。一言にトップと言っても、クラブを振り降ろしてくる途中に球をトップしてしまう場合と、クラブが振り下ろされ、スイングの最低点を過ぎた後にトップしてしまうケースの二つの場合があります。ただ、一般にトップするケースとして考えられるのは前者といえるので、その大きな原因はやはりひざ、特に左ひざを中心とする左サイドの伸び上がりが大きなポイントと言えるでしょう。
    ではこうしたひざや上体の伸び上がりを修正する方法ですが、アドレスした際に必要以上にひざを曲げていないか、また上体の前傾を取り過ぎていないかをチェックします。そして実際のスイングでは、アプローチからスイングを修正していくといいでしょう。ハーフショットやフルショットをしてしまうと、どうしても球を飛ばしたいという気持ちが働いてしまいますから、アプローチといった小さなスイングから体の回転とクラブの円運動を意識して、スイングスピードもゆっくりとしたものから徐々に修正していくといいと思います。 当然ひざの角度や上体の伸び上がりに注意して練習してみてください。
    また、ダフってしまう場合でも同じことが考えられますので、こうした練習で修正していくといいでしょう。
    コメントする 2012/03/12 04:20

    ゴルフのイメージ

    ゴルフ

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可