スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:ゴルフ


    練習場で練習した時、なかなか良い当たりが出ない、ナイスショットが出ないと悩んでいる人はいませんか。今回はクラブの芯に球が当たらない場合について、説明したいと思います。

    なかなか芯に当たらないということで悩んでいる場合、その一番の原因はスイング中の軸のブレが挙げられます。この軸を意識したスイングをするには、まず大きなクラブで大きなスイングをするのではなく、小さなクラブで小さなショットから練習していくことをお勧めします。
    とかくアマチュアの人の中には、練習場に行くとストレスの発散を目的にドライバーなどで思いっきり振り回す人がいますが、こうした打ち方ばかりをしていると基本であるスイング軸がブレてきてしまいます。ハーフショットでのアプローチ練習などは、スイングを作りあげたり固めていく上では一番必要で重要な練習なのですが、アマチュアの人でこうした練習をしている人をあまり見かけません。
    具体的な練習方法としては、コンパクトなスイングで短い距離を打つ練習をすることから始めてください。尚、その際スイングスピードも遅めにスイングしてみるといいと思います。この練習で注意することとしては、リズムそしてスイングのバランスにも注意して練習するということです。鉛筆で文字を書く場合、早く書くと字は崩れてしまいますが、ゆっくりと書けば丁寧に書くことができます。しかし、必要以上にゆっくり過ぎても文字のバランスは悪くなってしまいます。ゴルフスイングも全く同様の理屈です。小さなクラブで小さなスイングから始め、そしてリズム、バランスに注意しながら練習していくと、クラブの芯で球を捉える確立が間違いなく上がっていくでしょう。
    コメント3件を表示する 2012/04/23 04:24

    ゴルフのイメージ

    ゴルフ

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可