スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



  • モデレータの目(2012/5/6)

     日本市場がGWで休暇だった間の大きな材料として、アメリカの4月雇用統計の発表⇒株式・為替市場への影響、欧州の政治情勢(フランス大統領選挙・ギリシャの総選挙の結果)⇒株式・為替市場への影響、のふたつがあったわけですが、前者については、予想を下回る新規雇用者数増加という結果で、株価は下落(NYダウ160ドル安、円上昇(円ドルレート80円割れ)という反応となっています。

     欧州情勢については、これから日本時間の明日に向けて結果が判明し市場の反応が出て来ることになりますが、ポジティブなものとなるとすればそれは「織込み済みだった」となった場合のみ、といったところで、日本株にとってはいずれにしてもリスク要因です。

     日経平均先物相場を見ますと米国の雇用統計発表を受けてシカゴ市場では9100円台に下落しています。明日の日本株はまずはこの日経平均9100円台〜9200円台辺りの値動きになると思われます。3月末の水準からしますとおおむね1000円の下落で、日経平均は昨秋の安値から2000円上がって1000円下がった(上昇相場と見るなら『半値押し』の動き)ということになります。

     いずれにしましても、様々な材料を織り込みに行く局面であることは確かで、その結果としての水準と今後の動きの想定に留意するというところかと思います。

     想定の際に以下の三つを考慮することが重要であろうと思います。

    1)欧州情勢の織込み度合い
     フランスでは大統領の交代、ギリシャでは少数政党の影響力増による政情不安定が起きるわけで、欧州からの資金流出増加は避けられないでしょう。その際に日本株と日本円にどう影響するか、については株価への影響は限定的、為替はユーロ安圧力継続、ということかと思います。この辺りを注視しておくべきでしょう。

    2)日本企業の業績予想と市場平均PER
     3月期決算企業の業績については今週でほぼ出揃います。(決算短信の提出期限は5月15日です。)前期については予想よりは健闘、今期については各社とも慎重な予想に留まるだろう、というところかと思います。現状で、前期ベースの東証一部平均PERは20倍ほど、今期が3割増益とすれば予想ベースのPERは15倍、4割増益なら14倍、5割増益なら13倍ほど、となります。

     アメリカ株を見ますと、ダウの予想PERは12倍ほど、ナスダックは15倍ほどです。日本企業が来期5割増益なら日米の予想PERはほぼ拮抗となります。為替市場がどうなるかに大きく左右されますが、大きな円高がないとすれば企業業績動向から見て日本株にはさほどの割高感はなくなるものと予想されます。企業業績からしますと、日経平均は1万円プラスマイナス1000円くらいがおおむね妥当な株価レンジ、というくらいが相場対処の上での想定になるのではないでしょうか。

    3)アメリカ株の大きな変動の恐れ
     ”Sell in May、 and go away” の動きがアメリカ株市場で起きる可能性はけっこう大きいのではないか、と個人的には思っています。アメリカ経済はもたもたしながらも回復傾向ですし、FRBは今後も金融緩和の強化をするでしょうから、アメリカ株相場が変調を起こして長期下落トレンドに変化する、という恐れは小さいとしましても、以前起きたような「フラッシュクラッシュ」とか、短期的な急落局面到来、は十分に有り得る話でしょう。NYダウの予想PERが12倍から11.5倍に下がるだけでも、NYダウは600ドルも下がります。その程度の変動は起きても何の不思議もありません。

     上記のような想定をした上でさて日本株は?ということになります。政治がいまひとつ頼りないのと、日銀の金融政策が(物価安定の観点からは満点なのかもしれませんが)株式市場(における買い方)から見ますと不安(超円高があるかもしれないといった点で)ではありますが、企業業績堅調であることからしますと、日本株もアメリカ株が急落するような局面で、例えば日経平均9000円割れがあるかもしれないが、そのまま下落トレンドになることはなく、この数ヶ月で3500ポイントを超える水準にまで拡大したNYダウと日経平均の「サヤ」が再び3000ポイントを下回るようになるのではないか。具体的には、NYダウが12500ドル辺りまで下げるとすれば、日経平均も9000円割れは已む無しだが、その後NYダウが13000ドルに戻る時(年末くらいになるかもしれませんが)には、日経平均は1万円に戻るのでは、といったイメージでしょうか。

     いずれにしましても、ここから数ヶ月はいわゆる「木を見て森を見ず」の方針で進む方が良いのではないかというのが基本観ではありますが。
    コメントする 2012/05/06 12:13

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可