スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 選挙の結果、ギリシャのユーロ離脱は何とか防げました。しかし経済的自由、経済主権が各国に与えられたままでは欧州危機は続いて起る、今後ギリシャが再度国債デフォルトに陥るような事態になれば、今度は欧州連合や欧数中央銀行、国際通貨基金は金融支援しないのではと思います。そうなればスペイン、イタリアがユーロ離脱に追い込まれる恐れが考えられます。

    結局、ユーロ加盟国が経済主権を放棄した上での欧州財政統合や欧州金融機関を一括監督、規制統合する欧州金融統合の具体化が欧州危機を乗り越える鍵を握っているように思います。
    先の選挙で反緊縮派が勝利し、ギリシャがユーロから離脱していれば、その結末を受けて欧州財政統合が真剣に討議されたのではと予測します。
    如何でしょうか。
    コメント6件を表示する 2012/06/20 12:07

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可