スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:道草

    米子駅(鳥取県)0番線、「ねずみ男駅」を出発して18Kの線路をゆっくりとのんびり、ゴトゴトと走って、妖怪列車は45分して境港駅「鬼太郎駅」につく。
    実はただの列車ではない。車体には鬼太郎、ねずみ男、ネコ娘、目玉おやじと馴染みの妖怪たちが描かれている。
    妖怪の町の入り口である鬼太郎駅でお客を迎えるのは、執筆中の「げげげの鬼太郎」の作者、水木しげる先生と妖怪仲間たちである。境港は水木しげるの出身地である。

    駅前から水木しげる記念館までの800mが、「水木しげるロード」と呼ばれ沿道沿いには139体の怪物ブロンド像が鎮座している。気楽にお好きな妖怪と触れ合うもよし、妖怪グッズのお土産店で、固有さまざまな店主手作りの妖怪との出会いもよし、小腹がすいたら妖怪メニューを、鬼太郎パンや妖怪饅頭に妖怪オムスビと、自慢のユニークなアイティムを披露してくれる。




























    コメント6件を表示する 2012/06/22 17:25

    道草のイメージ

    道草

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要