スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 「政府系金融機関は適切な貸付先が無くて困っているのに、国は155兆円強も貸している。不要な資金を持て余している政府系金融機関を縮小すれば過剰融資155兆円の中から毎年15兆円程度を国が回収するのはいとも簡単。この程度の金を消費増税で国民から徴収する必要はない。僅か数週間しか効果のなかったドル買い為替介入や対米短期貸付で溜まったドル資産が100兆円以上ある。毎年13兆円現金化すればこれまた消費増税は不要だ。国の総資産8,200兆円強で、総負債が1000兆円、超福祉国家日本に増税の必要性はない」、と主張する記事を目にしました。日本の財政危機は本当に待ったなしの状態なのか、疑問に思います。先生のお考えをお聞かせいただけませんか。
    コメント2件を表示する 2012/07/07 10:20

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可