スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 柔道男子66キロ級準々決勝、海老沼の試合で、
    3審判の旗判定が一度は相手のチョに3本上がった。
    しかし、それがビデオチェックからの指摘で覆り、
    前代未聞の再度の旗判定は海老沼が旗3本で判定勝ち。

    ビデオ判定の導入は現篠原監督が敗れたシドニー五輪の決勝以降で、
    「あれはおかしい」と思った人が多かったからはないか。
    しかし、ビデオはあくまで「補助的」なものであるはずで、
    今回のように3人とも判定が同じものに、
    ビデオ係が「物言い」をつけるのは本来の趣旨ではない。

    これでは審判の権威がガタ落ちだ。
    そもそも柔道はオリンピックにふさわしくないと以前から思っていた。
    柔道は勝ち負けを重んじる「競技」ではないのだ。

    茶道や華道や剣道にオリンピックがあるか?

    そろそろ柔道もオリンピックから撤退する時期だと思うが、如何?
    コメント1件を表示する 2012/07/30 08:51

    『特選川柳』投稿サークルのイメージ

    『特選川柳』投稿サークル

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可