スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 虫大好き人間である私でもどうしても好きになれない虫が居ます。
    クロゴキブリとゲジゲジです。
    今日またキノコを写そうと裏山に入りこの前とは別の尾根筋を歩いて見ましたがこちらは下草が多く茂っていてキノコは少ししか見当たりませんでした。キノコを探すのなら下草の無い所を探すべきですね。
    途中防空壕の跡と思える洞窟を見つけました。巾1m高さ1.5m程で斜め下に向って掘られ10m位奥で左右二股に分かれています。ちょっと冒険心をくすぐられましたが、ローソクを持っていませんでしたので、酸欠事故でも起こしたらことだと断念しました。この洞窟にオオゲジとマダラカマドウマがいたのです。しかも私が今まで見た中でどちらも最大級のものでした。
    オオゲジは私の広げた手より遥かに大きく体長は70ミリを超えているのではないかと思われます。カマドウマも35~40ミリ位ありその巨大さに驚きました。この洞窟は巨大化に一役買っているのではないかと思うほどです。もう一度機会があれば正確に寸取りをしてみたいと思います。洞窟の中は大変暗くカメラのAFが利きません。持っていたミニライトで照らしMFでやっと写しました。
    どちらも好まれない虫たちですが益虫だそうです。でもゲジゲジの方はどうしても手で触ってみたいとは思いません。
    ①オオゲジ 二匹写っているように見えますが左下のものは脱皮殻ではないかと思われます。

    ②マダラカマドウマ 10匹以上いました。何故か雌が圧倒的に多い。

    ③洞窟の入り口近くに生えていたキノコ。オニイグチモドキ?
    コメント2件を表示する 2012/09/18 00:28

    《野鳥と原生林を守りたい》のイメージ

    《野鳥と原生林を守りたい》

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可