スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 皆さん、こんばんは。
    秋も深まり北海道ではもう雪便りが聞かれるようになりましたね。美しい紅葉も映し出されていました。こちらでは紅葉も12月にならなければ近くに来てくれません。でもこの前チョウゲンボウを見かけました。冬鳥の季節もそこまで来ているようです。皆さんのお便りをお待ちしております。
    仕事の都合でフィールドにでられないため、これまで少しずつ撮りためたキノコの写真をご紹介します。キノコは種類も多く同じように見えるものも沢山あり名前を見つけるのに大変苦労しますね。
    写真に名前が付けられていても素人の私が付けたものであり「たぶんそうだろう」という程度で自信はありません。間違いに気付かれましたら遠慮なくご訂正ください。
    ①テングノメシガイ

       メシガイとはしゃもじのことだそうでネツトではこんな字が当てられ   ていました飯匙(めしがい)広辞苑ではイイガイと仮名が振ってあり   ます
    ②ドクツルタケ

       とても美しいのですが猛毒でこれ1本で致死量だそうです。
    ③ナラタケモドキ

       桜並木の根元に何株もありました。食べられるそうですが消化が悪い   ので過食しないようにとのこと。
       サクラやモモ、スモモなどの樹木に対して病原性をもち、桜並木を    次々と枯らせたりすることもある」と記された文献もあったのでちょ   っと心配。
    ④ヒイロタケ

       桜の枯れ枝にありました。名の通りとても鮮やかな美しい緋色。
       3cm位でした
    ⑤フクロツルタケ

       これも猛毒だそうです。
    ⑥ホウキダケの仲間

       キホウキタケかコガネホウキタケか、良く判りません。
    ⑦コガネヤマドリ

       上から見るとどらやきを並べたよう

    コメント6件を表示する 2012/10/22 21:30

    《野鳥と原生林を守りたい》のイメージ

    《野鳥と原生林を守りたい》

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可