スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:サークル句会

    十一月のサークル句会は、投句された25名全員の他、1名の合わせて26名が選句にご協力くださいました。ありがとうございました。今回は、ワシモさんの「残菊」句が11点の最高点句、次点句はpanapanaさんの「初霜」句の9点句でした。天・地・人の評価にすると、「人」の三位に風花さんの「文化の日」句が8点句となり、以下11番目までが各1句づつ選に入られました。次回は12月10日で、年末前の句会になります。次回もよろしくお願い申し上げます。

    最高点句11点句(◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇)
      54.残菊や昭和のまゝの置き薬        ワシモ
    次点9点句(◎〇〇〇〇〇〇〇〇)
      94.初霜や民話の里の薄明かり        panapana
    8点句(◎◎〇〇〇〇〇〇)
      122.老眼鏡ルーペも足して文化の日      風 花
    6点句(◎〇〇〇〇〇)
      14.鉛筆を持つ手かじかむ一葉忌       しんい
      46.越の海巌打つ音の冬はじめ        苦 瓜
    5点句(◎〇〇〇〇)
      09.後ろ向く暇なく生きてちゃんちゃんこ   そよかぜ
      99.人住まぬ曰くありけり花八つ手      雪
       (〇〇〇〇〇)
      32.行乞の聖の鈴や冬の街          方 舟
    4点句(◎◎〇〇)
      87.賑はひは空の星にも一の酉        昇 峰
       (◎〇〇〇)
      47.炬燵出す触れあふ足の無かりけり     mira
      81.散り紅葉ひとひら浮かぶ露天風呂     俊 雪
       (〇〇〇〇)
      43.凩やアンモナイトは海の底        雪
      115.山宿の闇に突き刺す鹿の声       ワシモ
    3点句(◎◎◎)
      109.湖を懐に抱き山眠る          泥 舟
       (◎〇〇)
      79.旅人に道を教えて小春の日        そよかぜ
       (〇〇〇)
      23.鴨の陣むかし狩場といふところ       夢追人
      24.茅葺の囲炉裏を囲む五平餅        み き
      41.恋心抱く日もあり雪女          泥 舟
      86.内宮へ玉砂利を踏む菊日和        利 明
      111.もはや愛ほしがりません木の実落つ    風 花
    2点句(◎〇)
      17.幼子の手に重ねやる色葉かな       さんせん
       (〇〇)
      08.一服のお茶に寛ぐ白障子         secchan
      12.叡山を借景の庭時雨けり         山椒の実
      15.大綿の狐に止まる稲荷山         まいるど
      30.着ぶくれて義理人情に埋まりけり     泥 舟
      36.国境越ゑる峠の冬紅葉          山椒の実
      53.山茶花や静御前のゆかりの地       TOTORO
      57.ジーパンのまま落葉掃く巫女の朝     方 舟
      64.鎮もれる石仏群の濡れ落葉        しんい
      67.浄瑠璃の三味に色ある初しぐれ      ワシモ
      76.瀬の音に楽譜のごとく散る木の葉     苦 瓜
      113.八ツ橋の焼くる匂ひや時雨くる     山椒の実
    1点句(◎)     
      01.青北風や白き化粧の富士の山        あっさむ
      34.錦秋やあと三分で京都です        利 明
      68.神苑の弓道場の矢音冴ゆ         方 舟
      90.野仏の膝元石蕗の花明り         夢追人
      96.半世紀過ぎし初恋冬の京         secchan
      123.露天湯の岩の温もり小六月        麦 秋
       (〇)
      03.赤も黄も緑も混ぜて山粧う        そよかぜ
      13.豌豆の芽一寸伸びし日和かな       麦 秋
      16.お蔵入りロシアの冬帽似合わずに     夢追人
      18.落葉して急勾配の百余段         TOTORO
      21.かけ声に秋刀魚もぴんと背を伸ばす    俊 雪
      25.枯れてなほ光を放つ夫婦愛        俊 雪
      29.木の陰が好きかも知れぬ石蕗の花     すいきょう
      31.旧跡の枯野を走る若駿馬         み き
      35.口動く手も休みなし牡蠣打ち場      しょうく
      42.碁敵と一献交はす年忘れ          panapana
      50.小春日や左折すべきを右折して      TOTORO
      56.さらさらと背戸に音聞く柿落葉      あっさむ
      59.しぐるるや雅楽ひびかふ神の庭      TOTORO
      60.時雨るるや菅笠かざし露天風呂      麦 秋
      63.静かなる城址公園花八手          panapana
      66.三味の音の粋な浜町色葉の美       mira
      71.隙間なく晴れて大きな紅葉山       昇 峰
      72.朱雀門残す遺構の枯尾花         さんせん
      73.廃れ湯の入日に映ゆる冬黄葉       すいきょう
      78.鷹舞へば涛の花散る岬鼻         昇 峰
      88.寧日の林檎焼く香やねむり猫       風 花
      95.初冬や蕎麦殻残る納屋の隅        苦 瓜
      103.ふうふうにもがもが答ふ牡蠣焼いて   しょうく
      104.碧落の色を宿して竜の玉         しんい
      114.やはらかに作りし草鞋芭蕉の忌     雪
      119.湯の町にたどる足跡翁の忌        panapana
      121.連子窓透けて紅葉の法隆寺       さんせん
      124.綿菓子のよく売れ七五三日和      山椒の実
    無点句
      02.青空にぽつんとひとつ木守柿
      04.秋の草跨げそうなる畦長し
      05.烏柿(あまぼし)の簾模様の里の軒
      06.いい夫婦鴨鍋囲む旅の宿
      07.生かされてありがたき日々小春かな
      10.末枯れの畑耕して腰擦る
      11.憂ひつつ山本五十六冬の陣
      19.乙女子に恋する神も枇杷の花
      20.牡蠣鍋に酔いの口舌の休みなし
      22.鴨池に白鳥家族悠々と
      26.枯蓮の池にときをり緋鯉かな
      27.寒月や水の滴る鉄の肌
      28.寒晴れや茜の雲や遠筑波
      33.胸中に間をとる呼吸懐手
      37.蜘蛛の囲に落葉ひとひらとらえられ
      38.雲の影身軽になりし冬木山
      39.車椅子連ねて散歩苑小春
      40.コート脱ぐ円空仏はわが癒し
      44.木枯しや遠山近くに迫りけり
      45.小桟橋牡蠣打ち小屋の笑ひ声
      48.この頃は人の恋しく木の葉髪
      49.小春日に憩ふ茶房のサンデッキ
      51.小春日やテレビに見入る肘枕
      52.小春日に弁当広げペンキ職
      55.山門の日差し斜めに夕紅葉
      58.シャガールの女空飛ぶ小春かな
      61.時雨るるや雀の群れも雨やどり
      62.時雨きて一時城に雨宿り
      65.七五三手持無沙汰は男親
      69.神木てふ欅大樹の落葉焚く
      70.水槽の箱河豚と目が合ひにけり
      74.席題の「恥」に術なし初時雨
      75.鶺鴒のみなつと止まるU字溝
      77.卒寿なる母の手をとり紅葉旅
      80.達磨絵を主に迎えて新障子
      82.蹲踞の水面鏡や花八手
      83.恙なき老の一日や夕紅葉
      84.恙なく老いにむち打ち年忘れ
      85.怒涛して鷹放ちたる伊良湖崎
      89.猫遊ぶ丘の畑や小六月
      91.芭蕉忌の読経ここまで杉参道
      92.初霜や出来たてカレーパンの店
      93.初霜や母の付き添ふランドセル
      97.引き継ぎし朽ちし土蔵の夜寒かな
      98.ひたぶるに枯るる芭蕉のあらけなし
      100.日の平ら水影しるき鴨の池
      101.火の山に閃光ありて神渡し
      102.昼下がりモカの香沁みる冬隣
      105.微笑みの竜子の像や冬なぎて
      106.マフラーに頬を埋めて聞く演歌
      107.魔法瓶の蓋に茶を注ぐ小六月
      108.水音に柊の花匂ひけり
      110.向島冬の花街詫びしかり
      112.籾殻の燻り明くる淡海美し
      116.夕しぐれチャイムは家路遠く聞き
      117.夕凪の航跡残す牡蠣筏
      118.湯豆腐や懐かしき友集まりて
      120.立冬や腕組みをして思案顔
      125.鰐園に帽子忘れし石蕗日和

    なお、誤記脱字等がありましたら、お早めにお知らせください。

    選者(選句順・敬称略)

    泥舟 あっさむ そよかぜ 麦秋 TOTORO secchan 苦瓜 俊雪  
    panapana 市川 滋 mira 雪 しんい jacky しょうく 方舟
    みき 夢追人 山椒の実 ワシモ 風花 利明 まいるど さんせん  
    すいきょう 昇峰
    コメント26件を表示する 2012/11/19 18:48

    サークル句会のイメージ

    サークル句会

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可