スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:サークル句会

    十二月のサークル句会は、投句された26名全員が選句にご協力くださいました。ありがとうございました。今回は、方舟さんの「おでん鍋」句が8点の最高点句、次点句は「冬至南瓜」句で6点句でした。点数では最高点句と同じく8点句の「大根」句がありましたが、115番の「冬の虹」句が過去の他の作者の投稿句と極似していたため、同作者の句はすべて今回は番外とさせていただきました。ご了承願います。次回は12月25日で、年末最後の句会になります。次回もよろしくお願い申し上げます。

    最高点句8点句(◎◎◎〇〇〇〇〇)
      37.金婚の味のしみ込むおでん鍋     方 舟
    次点6点句(◎◎◎◎◎〇)
      69.全身を預けて冬至南瓜切る      泥 舟
    8点句(◎◎〇〇〇〇〇〇)
      84.遠富士の空へ吊るせし大根かな
    6点句(〇〇〇〇〇〇)
      53.この山に宿は三軒ぼたん鍋      ワシモ
    5点句(◎〇〇〇〇)
      34.休診の予定貼り出す十二月      市川 滋
      130.炉話に座敷わらしがそつと入り
       (〇〇〇〇〇)
      22.風邪の子に昔話を語りけり      苦 瓜
      115.北斎に逢はむと小布施冬の虹  
    4点句(〇〇〇〇)
      61.信楽の窯出づ狸庭小春        方 舟
      64.霜柱戸板に並ぶ朝の市        panapana
      88.猫に問ふ遠出の子細冬ぬくし     雪
    3点句(◎〇〇)
      82.恙なき知らせのこもる葱一荷     方 舟
      47.原発の断層跨ぐ冬の雷        利 明
       (〇〇〇)
      04.生きている証と思い賀状書く     mira
      14.おしやべりな軒の雀や冬ぬくし    雪
      48.木枯らしや齢は誰も止められず    そよかぜ
      52.木の葉舞ふ自由と孤独うらはらに   TOTORO
      63.島の子の坊主頭や冬に入る      まいるど
      91.育みし命を包み山眠る        泥 舟
    2点句(◎◎)
      19.風花や反りなき太刀の示現流     まいるど
       (◎〇)
      57.冴え返る弥勒菩薩の丸き指      み き
      112.冬もみじ伯母はおしゃれに白寿なる そよかぜ
       (〇〇)
      06.いそいそと妻の仕切るや煤払     泥 舟
      08.芋煮会食ふとき見れば左利き     市川 滋
      09.牛の目に止まり動かぬ冬の蠅     苦 瓜
      36.金閣寺風花舞ひて薄化粧       secchan
      50.極月の符丁ばかりの予定表      まいるど
      59.ささやかな嘘育てをる懐手      まいるど
      60.山茶花を散らし下校のランドセル   さんせん
      67.人生の勲章として木の葉髪
      75.弾圧の歴史を学ぶ聖夜かな      夢追人
      77.茶の花のひとりごちたる懺悔かな   ワシモ
      80.隧道を抜けて眩しき枯野原      さんせん
      100.不器用に生きて独りや冬紅葉    葉 子
      124.安万侶の耳朶ふくやかに小春かな  利 明
    1点句(◎)     
      21.風に乗り落葉どこまで走るやら    雪
      70.草原の牛の吐く息霜柱        panapana
      74.焚火して原発のこと言ひ合へり    さんせん
      83.東京の街に星降る聖夜かな      昇 峰
      94初挑戦夫の作りし葱甘し        secchan
      129.指先にちくり柊花咲ぬ        mira
       (〇)
      02.熱燗や中洲を灯す屋台店       しんい
      03.言うでなく言わるるでなく頬被り   み き
      07.凍て指に息吹きかけてチェーン捲く  さんせん
      15.落ち葉踏むその危ふさを老いと言ひ  風 花
      17.帰り花咲きて今年を振り返る     雀の子
      18.掛声の間合よろしき大根干し     利 明
      28.寒菊や一葉の井戸今もなほ      しんい
      31.北窓を塞ぎて富士の隠れけり     雀の子
      32.着ぶくれて一台逃がす電車かな    俊 雪
      35. 牡蠣筏段々畑多島海         しょうく
      39.口髭を猫は焦がして冬ぬくし     苦 瓜
      42.暗闇に浮かぶ聖堂月冴ゆる      葉 子
      56.壊されし蔵見下ろして木守柿     あっさむ
      65.十能も五徳も昭和枯れすすき     み き
      71.蒼天をキャンバスにして櫨もみじ   そよかぜ
      73.底冷や出払ひしまま救急車      山椒の実
      78.茶の花や床に織部の沓茶碗      利 明
      81.次々と風紋変へる空っ風       み き
      86.亡き母のつぶやき聞こゆ障子かな
      103.冬枯や離島にかかる雲の端      昇 峰
      104.冬菊や目もとやさしき六地蔵     mira
      111.冬晴れや心吸われる青き空      secchan
      117.町医者の待合室や冬の蠅       昇 峰
    無点句
      01.ああ無為にひと日過ぎたる小六月
      05.戦果つ選挙事務所に冬の蠅
      10.宇宙船きぼうが廻るクリスマス
      11.駅前の聖樹の並木道となり
      12.大浪の箱根千石枯野かな
      13.大晦日日本晴れなるスカイツリ-
      16.外国の人の餅つき弾む息
      20.賀状書くこの人の顔ド忘れす
      23.カニ鍋をつついて幼馴染のかな
      24.カラオケで年忘れする老い二人
      25.唐松の黄葉かさなりて敷松葉
      26.枯園の雨余の青石晴ればれし
      27.枯木星露天湯ひとり影のごと
      29.神田川夢を語らう湯ざめかな
      30.木曽路来て宿場の辺り雪時雨
      33.着ぶくれし郷里の子等は奴凧
      38.茎漬や一人ぐらしの母であり
      40.首すくめ我が家へ飛び込む冬至風呂
      41.雲間より海射す光冬の朝
      43.暗闇に光の渦や街師走
      44.暮早し遠ざかりゆく選挙カー
      45.暮れ早し投網繕う翁をり
      46.下駄の跡詠みしステ女の雪の墓
      49.凩をきて力作の色紙展
      51.極月や鳴り物入りの籤に夢
      54.冬木根踏み急な坂道恐るおそる
      55.冬木越し茅葺屋根の温みかな
      58.桜落葉舞ひ上りては能舞台
      62.しぐるるや被爆煉瓦を残す街
      66.白川郷窓に映す灯大晦日
      68.せからしき仔猫のそばの日向ぼこ
      72.象の背に光る剛毛冬始
      76.丹波竜化石を探す冬の河
      79.手水舎の柄杓に絡む濡れ落葉
      85.鳥の巣をひとつ残しし黄落期
      87.鳰潜るつられて息を呑んでをり
      89.寝て眺む枯れ木の揺れや冬障子
      90.軒氷柱雫に映る空の色
      92.白鳥や白衣の天使ならずとも
      93.裸木や欲しがらないといふ美学
      95.初雪に猫放り込む朝かな
      96.初雪や温度設定これくらい
      97.光堂すみの隅まで冬灯
      98.日時計のごと霜解ける背戸の影
      99.日の暮れの早き集落枯尾花
      101.踏む音が楽しく聞こゆ霜柱
      102.冬枯の櫟林や風の音
      105.冬銀河勘三郎の何処にや
      106.冬ざるるローカル線に乗り継げば
      107.冬ざれや老には難しカタカナ語
      108.冬ざれや倒木揺らす湖の波
      109.冬温し足場行き交ふニッカーズ
      110.冬の日を纏うていてふ華やげり
      113.ぶり返す寒さの中の開戦日
      114.降り積もる銀杏落葉の石畳
      116.冬木根によろめく足を踏みしめて
      118.窓際の席に落日忘年会
      119.ポケットに二冊の手帳十二月
      120.見上げれば海峡のごと冬銀河
      121.水鳥の瓢湖にひとり餌付けかな
      122.木蓮の花芽尖るや明けの空
      123.焼き芋屋声遠ければ気にかかり
      125.山眠る浅間は遠き夢の中
      126.山彦の声かと思ふ枯木霊
      127.雪の夜の目深に被る帽子かな
      128.湯豆腐の湯気のぬくもり友のいる

    なお、誤記脱字等がありましたら、お早めにお知らせください。

    コメント29件を表示する 2012/12/07 22:21

    サークル句会のイメージ

    サークル句会

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可