スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:コーヒータイム

    石井光太氏のルポタージュ『遺体 震災と津波の果てに』が原作で、西田敏行さん主演の映画『遺体 明日への十日間』を見てきました。

    2年前の東日本大震災直後の釜石市で、地震と津波で犠牲になった方々を家族のもとへ返してやりたいという思いから、もと葬儀屋に勤めていた主人公と医師、歯科医、市役所の職員、消防団の方たちなどが、遺体の搬送や身元確認などのつらい作業にあたる姿が描かれている。

    覚悟はしていたが、涙なしでは見られなかった。

    2年前の大震災、絶対に忘れてはいけない出来事だということ、そして被災地の復興が早く進むことを願っている。
    コメント11件を表示する 2013/03/05 23:08

    コーヒータイムのイメージ

    コーヒータイム

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可