スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:サークル句会

    三月前半のサークル句会は、投句されたうち24名の方が選句にご協力くださいました。ありがとうございました。今回の最高点句は、しょうくさんの「青き踏む」句とさんせんさんの「梅東風」句が共に6点で分け合いました。5点句が3人、4点句が6人と接戦で選者も苦労されたようです。次回は、満開の桜をはさんで春たけなわの季になります。次回もお元気でご参加いただきますようよろしくお願い申し上げます。

    最高点句6点句(◎◎〇〇〇〇)
     02.青き踏む風に後れ毛あそばせて        しょうく
     09.梅東風の木地師の飛ばすかんな屑       さんせん
    5点句(◎〇〇〇〇)
     11.叡山の警策の音冴返る            苦 瓜
     45.光年の星の欠片や犬ふぐり          利 明
     94.日永し幟はためく陶器市           しんい
    4点句(◎◎〇〇)
     48.囀りの木々天蓋に忠魂碑           方 舟
    (◎〇〇〇)
     43.源流は名もなき山や水温む          泥 舟
     97.百年の悲喜交々や古雛            TOTORO
     117.夕日のせ水脈ひき戻る蜆舟         昇 峰
    (〇〇〇〇)
     17.尾瀬沼の斑に光る雪解かな          さんせん
     69.壷焼きの網より落つる醤油の香        プラム
    3点句(◎◎◎)
     90.はるばると紀州に住みて流し雛        雪
       (◎〇〇)
     10.魚は氷に上りて鳥は帆柱に          苦 瓜
     23.偕老の一日灯せり雛祭            方 舟
     77.逃水の先に亡き母いるやうな         葉 子
       (〇〇〇)
     20.思ひもよらず故郷に住みげんげ草       雪
     31.北八ヶ岳や春雷こもる雲の尾根        昇 峰
     33.キャンディーは苺味なり雛祭         葉 子
     64.松明の燻り香のこし修二会果つ        山椒の実
     96.冷やかしのごとく初蝶ひとまはり       まいるど
    2点句(◎〇)
     53.自転車の軋むブレーキ草青む         泥 舟
     84.花の種ビーズのごとく選びけり        ワシモ
     99.富士仰ぐ足柄山の桜餅            panapana
     106.忘却の来し方潤む春の闇          あっさむ
       (〇〇)
     01.藍色の斑(むら)こそ手染春の風        TOTORO
     08.糸遊の揺れて地蔵のよだれ掛         あっさむ
     29.川下る舟に手を振り蕨つむ          panapana
     30.岩峰の稜線険し鳥帰る            葉 子
     42.現世の風にすくめり土筆ン坊         しょうく
     47.濃き淡き緑ざわめき山笑う          secchan
     52.蜆吐く泡つぶやきかため息か         昇 峰
     56.春寒や夜泣き地蔵の宿場町          panapana
     73.どよめきの修二会の火の粉闇に舞ひ      山椒の実
     80.祝詞終へ沖へ出でゆく雛の舟         プラム
     91.引き鴨の出会えぬままの別れかな       mira
     92.引鶴や車庫へ納まる終列車          ワシモ
     111.招かれし里の訛りや雛祭り         panapana
     116.寄居虫を競はす浜の没日かな        プラム
    1点句(◎)
     34.黒潮を望む高みに寒桜            麦 秋
     108.包丁の捌きを阻む桜鯛           み き
       (〇)
     04.赤ちゃんの笑顔そのまま蕗のたう       麦 秋
     07.淡き恋朧月夜の渡月橋            secchan
     15.奥能登や久弥を偲ぶ山霞           昇 峰
     18.訪れし伊吹の里は艾干す           方 舟
     27.紙雛とどまりつつもまた流れ         しんい
     28.瓦礫押すパワーシャベルに風光る        さんせん
     35.渓谷のトロッコ電車風光る          苦 瓜
     38.啓蟄や地上はとかく生き難き         mira
     40.啓蟄や直すぐ伸びる猫のひげ         み き
     57.春宵や再計算の申告書            利 明
     58.春泥の纏わり付きて重し鍬          あっさむ
     59.春泥や機嫌の悪き耕耘機           市川 滋
     61.新婚の宅を訪ねし桜餅            panapana
     66.追伸はただ啓蟄とメール来る         市川 滋
     72.飛び石の歩幅の狭し地虫出づ          山椒の実
     76.菜花和え副へて快気の内祝ひ         さんせん
     79.野辺の道夫と歩みて初音聞く         secchan
     81.橋は人別るるところ柳の芽          昇 峰
     82.花曇閂かかる大手門             泥 舟
     83.花の句座座り直して筆をとる         泥 舟
     85.春障子まどろみ破る着信音          しんい
     95.雛の舟巫女付き添いて発ちにけり       プラム
     101.懐に潜めし辞表冴返る           麦 秋
     102.古雛の白きかんばせ愁いあり        mira
     107.房州に花嫁街道白水仙           麦 秋
     110.待ちわびし合格通知山笑う         そよかぜ
     120.夢二の絵思い出したり紅椿         そよかぜ
     122.料峭や機を窺へる天邪鬼          利 明
    無点句
     03.青き踏む目覚めし畔のやわやわと
     05.朝寝して夢消えぬまま又朝寝
     06.畔焼ひて棚田に春の躙り寄る
     12.江戸の春仲店誘ふ異国人
     13.大玻璃戸向こうに霞む太平洋
     14.沖に出てたゆたふ影の流し雛
     16.お喋りにふらここ漕ぐを忘れし子
     19.尾根筋に風車くるりと麦を踏む
     21.街道のぼんぼり覗く春心
     22.甲斐の国霞みつつ山人をつつむ
     24.帰りきて未だ脳裏に花菜の黄
     25.顔見知りのあの子かあの子恋の猫
     26.神々の名(めい)読み上ぐる余寒かな
     32.木の芽和妻へ感謝の小旅行
     36.啓蟄やゲートボールの砂を掃く
     37.啓蟄やゴルファー出でし河川敷
     39.啓蟄やパーマ屋に客ぞろぞろと
     41.警笛に始まる朝の春の塵
     44.黄砂舞ふ送電塔にペンキ職
     46.香ばしき芋入りあられ雛の部屋
     49.笹鳴の鴉に合の手入れしかな
     50.寂しがる心はいらぬ畑を打つ
     51.敷きつめしごと土筆ン坊土筆ン坊
     54.四方から囀り聞ゆ生き生きと
     55.修二会見る桟に女人の目の光り
     60.白酒を客に振る舞ひ雛の店
     62.早春の庭に花芽を確かむる
     63.早春やわだかまり溶け別れゆく
     65.貯えし力噴出し山笑う
     67.つちかぜの中急ぎをる救急車
     68.椿垣一輪車きてとまりけり
     70.出不精に梅が咲いたと誘い出す
     71.との曇る空へ明るき黄瑞香
     74.鳥小屋の鶏の無き日や下萌ゆる
     75.長く太き田楽の串旧街道
     78.入院はしばらく先と二月尽
     86.春疾風調整池を盛り上げて
     87.春疾風宝永火口に白き渦
     88.春疾風目瞑りて聞く風の音
     89.春めくや遙かな里居立つ煙
     93.独り居の縁に午後の日あたたかし
     98.藤の花頬にもふれてかずら橋
     100.ふじやまの秘めた魅力や梅の花
     103.紅椿ぽとりと落ちて地を染めり
     104.紅引いて少しおすまし雛祭り
     105.ホームレスブルーシートに春の夢
     109.待ち人と共に入りくる梅の風
     112.水取の熾を大事に戻りけり
     113.水取りや五体投地の響く堂
     114.雅なる苗札を挿し盆栽展
     115.ものの芽の動き助けし陽気かな
     118.逝きし子の雛を遺して今は昔
     119.夢心地続きを惜しむ朝寝かな
     121.嫁入りの金襴緞子春の川
     123.蓮華草思はず歌が口をつく
     124.割り切れぬ数字の戻り春寒し
     125.遠近に春雷を聞く雨夜かな


    誤記脱字等がありましたら、お知らせ下さい。

    選者(選句順・敬称略)

    泥 舟 TOTORO あっさむ 市川 滋 しんい そよかぜ 麦 秋 葉 子
    プラム panapana mira 利 明 雪 み き ワシモ しょうく
    俊 雪 苦 瓜 すいきょう secchan 山椒の実 さんせん 方 舟 昇 峰 
    コメント24件を表示する 2013/03/08 09:02

    サークル句会のイメージ

    サークル句会

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可