スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:サークル句会

    三月後半のサークル句会は、投句されたうち25名の方全員が選句にご協力くださいました。ありがとうございました。今回の最高点句は、苦瓜さんの「早蕨」句の9点句でした。うち半数以上がこの句を特選にいただいています。いかにも美味しそうな蕨ですね。次点は昇峰の「陽炎」句の9点句でした。次回は、桜が散って晩春に入ります。次回もお元気でご参加いただきますようよろしくお願い申し上げます。

    最高点句9点句(◎◎◎◎◎〇〇〇〇)
      50.早蕨の産毛に朝の湿りかな        苦 瓜
    次点9点句(◎◎〇〇〇〇〇〇〇)
      23.陽炎や明日香に多き謎の石        昇 峰
    8点句(◎◎〇〇〇〇〇〇)
      104.風紋の襞やはらかき春砂丘        利 明
    6点句(◎◎〇〇〇〇)
      65.早暁の湖に弧を描く蜆舟         さんせん
    5点句(◎◎◎〇〇)
      112.燐寸擦る燐の匂ひや彼岸入り       市川 滋
       (〇〇〇〇〇)
      41.現在地探す村絵図花菜風         昇 峰
      61.水郷の菜の花明り渡し舟         み き
    4点句(〇〇〇〇)
      09.渦巻いて流れに乗れぬ花筏        俊 雪
      13.浦里や竿に若布のすだれ干し       しんい
      26.片言のまた一つ増え蝶の昼        さんせん
      76.鳥帰る岬に残る万葉碑          麦 秋
    3点句(◎〇〇)
      10.乳母車は双子用なりももの花       山椒の実
      77.鳥雲にどとう波打つ竜飛崎        panapana
      79.鳥の恋少し遅れの花時計         麦 秋
      119.物忘れ笑って済ます四月馬鹿       panapana
       (〇〇〇)
      30.鑑真の墓碑に誘ふ黄蝶かな        利 明
      53.静かさや白木蓮の水鏡          TOTORO
      82.菜の花を摘みて遊女の墓に挿す      さんせん
      108.まだと言ひもうとも言ひて初桜      昇 峰
      115.水温む幟はためく渡舟場         panapana
    2点句(◎〇)
      38.蔵よりも高く辛夷の暮れなずむ      方 舟
      100.筆談の母に笑顔や鳥雲に         さんせん
       (〇〇)
      08.うきうきと土筆目覚める陽射しかな    しょうく
      15.会釈する眼の艶めきぬ卒業子       風 花
      24.陽炎や日に四本のバスを待つ       葉 子
      34.茎立や女の多しクラス会         山椒の実
      37.倉町の川畔にそよぐ糸柳         そよかぜ
      74.踏青や島の番所の崩れやう        TOTORO
      81.七色の京菓子持ちて彼岸寺        麦 秋
      85.入学す生命化学専攻科          山椒の実
      94.花冷や愛宕神社の火伏札         み き
      95.花冷や文字盤古き腕時計         泥 舟
      124.わが脳の融けゆく如き花の午後      しょうく
    1点句(◎)
      31.岩峰に雲湧き出づる春の朝        葉 子
      101.人麻呂のかぎろひを見に大宇陀へ    昇 峰
      113.三日月や辛夷は白き輝を放ち      mira
      121.やわ肌の傷つきやすき白木蓮      mira
       (〇)
      04.暖かや叱られて目を瞑る猫        昇 峰
      11.海凪ぎて花菜あかりの昏れ残る      しょうく
      12.梅香る眼科にもあるレディースデイ    風 花
      20.女坂少し遅れて花筵           市川 滋
      21.かぎろひて旅立つ吾子の背を揺らす    さんせん
      22.香具山も畝傍もともに霞けり       苦 瓜
      32.キューポラと小百合の影や街おぼろ    夢追人
      36.草餅をいただく店の草書書き       ワシモ
      43.小魚の群れゐて春の川となる       夢追人
      45.囀や天気予報は日本晴          泥 舟
      46.囀りや陽気が誘う乳母車         そよかぜ
      56.春耕の野を一望に獣魂碑         方 舟
      59.白ねこの雨くる仕草目刺焼く       まいるど
      62.捨て舟の艫綱揺れる春の波        み き
      63.声明のひびかふところ花の雨       TOTORO
      66.その中に松葉杖もつ卒業子        山椒の実
      67.鷹鳩と化し子は眠る箸持ちて       葉 子
      71.つちふるや行き交う人も足早に      ワシモ
      78.鳥雲や稚魚一匹の潮だまり        まいるど
      84.二分咲きの桜透かして昼の月       プラム
      86.長閑さの満る棚田の春田打ち       あっさむ
      88.野良猫の昼寝しており雪柳        しょうく
      89.生え代わる乳歯愛しき桃の花       mira
      91.白木蓮裏坂すでに神気めき        風 花
      92.畑打や鍬の手擦れの黒光り        しんい
      93.初桜野外授業の小学生          mira
      98.春寒し眉間に皺の阿修羅かな       利 明
      99.春雨や喧噪知らぬ永平寺         夢追人
      109.待ち焦がる花の命は短くて       俊 雪
      123.若鮎のはや縄張の気配かな       山椒の実
    無点句
      01.青き踏む浅瀬にきらとささら波
      02.足湯して旅の終りの紅椿
      03.化野のどの墓もみなかげろへる
      05.磯なげき母の呼ぶ声さもにたり
      06.いたこ住む賽の河原のかげろへり
      07.印旛沼走者見えきて冴返る
      14.うららかや鳶の旋回見上げゐる
      16.円空仏の鉈の切れ味春の風
      17.奥みやま弾薬庫あと春の昼
      18.踊子のタイツは黄色春半ば
      19.朧月二匹の猫の影うつす
      25.風に揺れしだれ桜の遊びかな
      27.闊歩する晴れ着袴の卒業生
      28.株価やや戻りて午後の花曇り
      29.かろやかに初蝶に会ふ高台寺
      33.嫌われて時に好かれて春炬燵
      35.草の芽や茅葺屋根のをちこちに
      39.暮れなずむ枝垂桜に蜂の子等
      40.結婚の二人の門出春の雷
      42.拘置所の庭に風荒れ花辛夷
      44.冴返る送電線は筑波超え
      47.遡る花嫁街道鳥の恋
      48.咲初むる古都の桜を巡りけり
      49.咲き満ちて人のあふるる桜かな
      51.三月や五臓六腑のうめき声
      52.式年の伊勢を背びらに帰雁かな
      54.自転車に幼子二人島うらら
      55.手術終へはや蝶を追ふ仔猫かな
      57.城下町屋敷を区切る花あしび
      58.上皇が終焉の地ぞ春寒し
      60.新入生飛び跳ねていくランドセル
      64.石鹸玉きらり七色光り消ゆ
      68.田も畑も名残のこして別霜
      69.竹林の風や鶯鳴きつげる
      70.地を這わん花の重みに耐えかねて
      72.詰襟の記憶遥かに大試験
      73.連れ合いがいてつくづくと春の風邪
      75.灯台の光芒に截る海朧
      80.永き日や敷居を跨ぐ猫の足
      83.何となく心の騒ぐ花だより
      87.幟立ちワッショイ神輿の春祭り
      90.白梅は海峡を背に青めいて
      96.柞木の芽吹き地に向き天に向く
      97.腹の底割って語るや山笑ふ
      102.ひねもすを玻璃戸鳴らせる春嵐
      103.瓶の蓋すぐ開くグッズ花菜漬
      105.文机に干支の置物春深し
      106.ふらここに疲れて乙女夜半の夢
      107.方便のうそを見抜けぬ四月馬鹿
      110.町中の小さな公園チューリップ
      111.真っ白に風に波打つ雪柳
      114.水温み野辺に弾ける子らの声
      116.虫メガネ通す手相や春灯
      117.芽楓の梢震ふや風の宮
      118.萌黄色山はうふふと笑ひけり
      120.焼栄螺大きさを聞く海の家
      122.蝋梅やふと母の声過ぎりたる
      125.忘れてはならぬ空襲火の海を

    脱字・誤字等がありましたらお知らせ下さい。

    選者(敬称略)

    泥 舟 葉 子 あっさむ 市川 滋 TOTORO mira しんい そよかぜ
    panapana 方 舟 プラム 利 明 苦 瓜 secchan 麦 秋 風 花
    み き まいるど ワシモ 夢追人 しょうく 俊 雪 さんせん 山椒の実 昇 峰 
     
    コメント26件を表示する 2013/03/22 09:07

    サークル句会のイメージ

    サークル句会

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可