スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:コーヒータイム

    皆さん、こんにちは、今日は天気が好く暖かく成りましたね、
    暖かく成って来たのを機に16世紀に実際に有った悲しくも
    不気味な出来事が起きた場所で私が二年前に体験した
    事を紹介するか、しない方が好いのか迷っていましたが
    独り占めにしないで公表する事にしました。

    頃は16世紀この地に置いて二度の合戦が有りました。
    この戦で双方で沢山の戦死者を出したと伝えられています。
    戦死者はこの土地に葬られその上に桜が植えられました。
    その桜は、今桜の時期には沢山の花見客で賑わっています。
    夜桜は如何か不明です、桜の下には沢山の死者が葬られて
    いるからかもしれません。

    時は二年前当地を訪れ石垣をみて城跡で有る事を知りました。

    当時は砂利道でしたが園内に入ると右手から二人の
    道行コ-トを着た、この場所には不釣り合いな妙齢の
    ご婦人がこちらに向かって来ました。
    私は二人を見過ごして真っすぐ進んで行きました。
    処が二人も右手に曲がり私の後を此方に進んで来ました。

    薄暗い中、先に進むと左手の樹木がなくなり
    明るく開けて遠くが見渡せる場所に出ました。
    私は一見したので後ろから続いて来た2人の
    ご婦人に場所を交代して差し上げようと後ろを
    振り向いたのですが二人の姿は見当たりませんでした。
    あのじゃりじゃりと砂利道を踏みしめ私の後ろでピタと
    止まったあの足音は一体何だったのか?
    来た道を見まわしたが誰の姿も見当たりませんでした。
    この出来事は夢か幻か未だに答えは出ません。

    いる筈の2人がいないので自然と鳥肌が立ちました。

    此処から富士山が覗け、最近行き撮影したスカイツリ-
    が手に取るように見えます。


    うっすらとした森の中を先に進むと石棺が二つ有り
    古墳時代の豪傑の墓と推定されていますが蓋石はなく
    石棺が二つ埋めて有るだけです。


    見晴らし台を少し戻り右手に入るとそこには
    敗れた武将の姫が父の霊を弔うため訪ねて来て
    傍に有った石にもたれ父の名を呼びながら身も心も
    疲れ果て幾日か泣き続け亡くなったという事です。
    その後、夜な夜な悲しい鳴き声が聞こえたという
    夜泣き石が有ります。
    有る時一人の武士が通り姫の霊を哀れんで手厚く
    供養した処鳴き声はぴたりと泣き止んだと言われています。
    夜泣き石です、


    ここは映画、テレビの撮影に使われる事が有ります。
    月光仮面とか失楽園もここを使っています。

    最後に、桜の時期に何方か此処で夜桜見物をしてみる
    方はいませんか。

    私は此処で決して夜桜見物は致しません。
    コメント7件を表示する 2013/04/04 16:42

    コーヒータイムのイメージ

    コーヒータイム

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可