スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:ゴルフ

    ゴルフの祭典「マスターズ」は、オーストラリアのスコット選手と
    アルゼンチンのカブレラ選手によるプレー・オフ決着となり、
    彼のホワイト・シャークの異名を取る「ノーマン選手」が4度も
    チャンスが在りながら、無し得なかった「マスターズ優勝」を
    遂にオセアニアに齎した、カメリア・ホールでの決着は圧巻だった
    コース一番乗りは、横浜ナンバーの車、挨拶を交わすと
    「横浜には、早朝プレーのコースが無いので、年に5回ほど来ます」
    との事だったが、人間好きな事なら、労を厭わないものだな・・・
    彼は「OUT」~スタート、我等は「IN」からスタートした。
    10番・パー4=5:5=△。出だしからダウンを喫した。
    11番・パー5=6:6=△。今朝の彼女は完全復調したか・・・
    12番・パー4=5:6=-。1mのパットを外して引き分けに・・
    13番・パー4=5:7=〇。彼女アプローチをホームラン・・
    14番・パー3=4:4=-。バンカー入り、寄らず・入らず・・
    15番・パー4=5:6=-。又1mを外し、マッチ・イーブン逃す
    16番・パー5=6:6=△。早くもドーミーを迎えて仕舞う。
    17番・パー4=5:5=△。完敗決定となる。
    18番・パー3=4:4=-。又バンカー入り、寄らず、入らず。
    ストローク=45:49=、マッチ=3ダウン、戦績=4勝6敗。
    今朝のハイライト・・・彼女は完全復活を思わす、ショット・パット
    展開、必死に食い下がろうとするも、パター不調で自滅した。
    「トム・・何時ものパター、どうしちゃったの」と余裕の慰め、
    駄目押しに「飴でも如何?」と一粒差し出された。
    完全に甘く見られたものだな・・・次回見て居れ!!

    コメントする 2013/04/16 18:18

    ゴルフのイメージ

    ゴルフ

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可