スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:コーヒータイム

    理化学研究所(埼玉県和光市他)は我が国唯一の自然科学総合研究施設で総合生命科学~バイオ~原子核~宇宙構造解明~スパコン開発など多岐にわたる先端研究をしています。

    分野が多すぎて見きれないので、当日は脳科学総合研究センターとスーパーコンピューターを重点的に見学してきました。

    当研究所の大きな組織の一つである脳科学総合研究センターではアルツハイマー病発症の原因、治療法開発に力を入れておりネプリライシン、ソマトスタチンの発見で治療の目途がついてきたこと、発症度が高いパーキンソン病やそして研究が遅れている躁うつ病、統合失調症など多くの分野を分子精神科学で原因・治療の解明を進めているようです。

    老化に伴う細胞内タンパク質の劣化もこれら病気の発症原因の一つであるようで、当方にとっても他人ごとではありません。

    当日は同センターで初めて人の皮膚から作ったiPS細胞とそれから分化作成した神経細胞の実物を初めて顕微鏡でみることができ、細胞の美しい姿とこれが病気の原因解明と治療薬の開発促進に大きく貢献するのだと思い感激しました。

    iPS細胞を作る皮膚を採取するのは痛みを伴うので最近はがん細胞を殺す血液中のT細胞からiPS細胞が作れるように技術が進歩しているとのことです。

    日頃、あまり目にしない研究所で世界トップクラスの大変重要な研究がされていること、そして若い人たちが熱心に見学している姿を見て感慨深いものがありました。
                     ゆりのき

    iPS細胞






    神経細胞


    脳を底からみるー茎状のものは延髄につながる脳幹部


    脳の断面









    コメント8件を表示する 2013/04/22 22:08

    コーヒータイムのイメージ

    コーヒータイム

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可