スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:ますます舌っ好調

    本日は憲法記念日、以前からありましたが、憲法を改正しようという動き、その前に憲法を改正できる条件を緩和しようと、まず96条、議員の3分の2の賛成、国民の過半数の賛成が条件。このハードルを下げようということですね。

    で、どこを改正したほうがよいのか。それはなんといっても国の防衛にかかわる重大な問題、憲法9条だと思います。

    国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放棄する。前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これをみとめない、

    今、中国が尖閣諸島を脅かしている、あるいは韓国が竹島を暴力で支配していること、しいては北方領土を戦後のどさくさまぎれにロシアに泥棒されたことで、やられ放題なこと、このような状況下で、どうやって国を守ることができるのか、日本国憲法でありながら、2度と日本に戦争をさせないために押し付けられた憲法、つまり日本で作った憲法でなはいと言うこと、変えるのは当たり前なことですよ。

    憲法改正に反対な人、中国や北朝鮮、韓国が攻め入ってきたらどうすればいいのか、明確な答えを出せますか??きれいごとでは済まされない、無責任な美辞麗句は要らない。

    沖縄の仲井間知事、あんた、県民の感情に挟まれて、立場が難しいことはわかるけど、本当に県民を守るにはどうすればいいのか、人気取りだけじゃなくて、命がけで訴えるものがあってもいいと思う。オスプレイ反対、米軍基地県外移転、そんなことばっかり言ってては、尖閣はおろか、沖縄県自身が、中国に奪われる、それは識者の一致した意見です。どうするの仲井間さん。
    コメント2件を表示する 2013/05/03 12:05

    ますます舌っ好調のイメージ

    ますます舌っ好調

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可