スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:道草

    先日、太陽系惑星群の一番外側の海王星のさらに外側(太陽系外縁)を回る準惑星 冥王星(2006年までは太陽系第9惑星であった)の第4、第5衛星の名前が先日、国際天文学連合で命名決定されました。

    第4衛星の名前はなんと”ケルベロス=地獄の番犬”!と命名、
    不気味な名前ですね。

    この地獄の番犬は3つの頭をもつ怪物です!


    第5衛星の名前は”スチュクス=冥界の川の女神”と命名されました。

    冥王星から見た衛星ケルベロスとスチュルク(想像図)


    因みに第1衛星はカロン(冥土への川の渡し守)、第2衛星はニクス(夜の女神)、第3衛星はヒドラ(九つの頭を持った海蛇:ヘラクレスに退治される)と命名されている。

    母星である冥王星・プルートーは”冥府の王”というさそり座の支配星で凶星で死~再生を意味しており5つの衛星はそれぞれギリシャ神話からこの冥府の暗いイメージにマッチした名前が命名されているようですね。

    冥王星


    太陽から冥王星まで距離は太陽~地球の距離の30~50倍(公転軌道が偏心しているためバラツキあり)という途方もない遠距離でしかも月より小さいため、太陽光があまり届かず暗く詳細な表面の観測がむつかしい。

    太陽系惑星の大きさ比較


    正確に観測するために、7年前に打ち上げられた現在NASA探査機ニューホライズンが2015年7月に冥王星に接近予定で詳細な顔が見られるのが楽しみです。



           ゆりのき
    コメント7件を表示する 2013/07/10 23:22

    道草のイメージ

    道草

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要