スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:道草

    先日、NHKラジオの深夜便をウトウトしながら聞いていると、雑草研究家が道端に生える”猫じゃらし”についての話をしていました。

    猫じゃらしは別名で”エノコロ草”とよばれ、犬の尻尾に似ているのでもともとはイヌコロ草と呼ばれていたものから今の名前になったらしい。


    灼熱の道路際でも平気で繁殖するのは葉の中にC4という植物に必要な炭酸ガスを二倍に圧縮する、車でいうターボのメカズムを持っており、これと真夏の強烈な太陽の光で成長エネルギーを高効率で作る繁殖力旺盛な雑草らしい。暑い夏の強い光と温度、道端の炭酸ガスが好都合なのだ!


    この草は縄文時代以前から粒を大きくなるように改良され あわ(粟)として食用に改良されてきたようだ。古代人の生活力はたくましい!

    粟と言えば過日、京都の北野天満宮へ参拝にいったとき、門前の粟餅屋の名物粟餅が大変に美味であったことを懐かしく思い出しました。

    あまりに美味しいのでお土産に!とおもって店に注文したところ、粟餅はすぐに食べないと固くなるので持ち帰りは不可!といわれ大変残念がったことが思い出されます。
                ゆりのき
    粟餅屋


    名物粟餅
    コメント12件を表示する 2013/07/22 19:53

    道草のイメージ

    道草

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要