スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:写真しりとり

    みなさん、おはようございます。

     瀬田の唐橋のシンボル、香欄に取り付けられた真鍮(しんちゅう)製の「擬宝珠(ぎぼし)」です。



     その昔、千利休がその擬宝珠の美しさをたたえて話したところ、門人である古田織部(織部焼の祖)がすぐさまそれを見に京より馬で駆けつけたなどなど、歴史上でもあまりにも有名な橋であり、その香欄の擬宝珠です。
     現在の橋は昭和54年(1979年)に架け替えられましたが、擬宝珠は、2個のみ真調され、46個は従来のものが使用されました。
     擬宝珠の中には江戸時代から使い続けているものもありました。 当時橋を管理していた膳所藩主・本多氏の名前が刻まれていました。





    コメント3件を表示する 2014/06/11 03:50

    写真しりとりのイメージ

    写真しりとり

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可