スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:写真しりとり

     みなさん、おはようございます。

     「竹林豹虎図」は、名古屋城本丸御殿に飾られていた襖絵で、狩野永徳の末弟の長信の作と推測され、様式美と絢爛(けんらん)さが特徴とされて、国の重要文化財に指定されています。
     写真はこの「竹林豹虎図」をなんと、伝統工芸の有松絞りで再現したものなのです。



     豹や虎の輪郭や体の模様など絵の部分を有松絞りで表現し、背景は、ふすまの金箔地と同じように金色で染め上げて、原画とほぼ同じ大きさで制作されています。
     豹と虎の毛並み、竹林や山々の緑など微妙な色入れは、同じ伝統工芸の名古屋友禅を活用して再現されているのです。
     迫力もあり、とても絞りで出来ている作品とは見えない見事な出来栄えでした。
    コメントする 2014/06/23 02:38

    写真しりとりのイメージ

    写真しりとり

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可