スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:写真しりとり

    みなさん、おはようございます。

     5月にも大名の宿としてアップしました「草津本陣」ですが、今回は関札です。
     タイトルは「草津本陣に今も残る関札」です。



     草津宿は東海道と中山道の合流点であり街道の要衝でした。
    このため多くの旅籠が軒を並べていました。
     参勤交代で西日本各地の大名が宿泊地として利用したので、国内でも一、二を競うにぎわいを見せた宿場町です。。
     なかでも大名などが休泊したのが草津宿本陣。東海道で現存する最大級の本陣だそうです。
     本陣には多くの関札が残されていました。
     意外なようですが、関札は諸大名など宿泊する方が前もって持参して本陣に掲げたものなので敬称は付いていません。
     名前も一般には「長矩」といった実名ではなく、「○○守」などといった官職名で書かれています。
     同本陣に保存されている関札は、木製が約460枚、紙製は約2900枚も残っているとの説明がありました。
     関札は泊まる都度新調した一回限りの使い捨てであり、分厚い一枚板の立派な木材であったので、使用後は本陣建物の壁板として使われることが多く、他の本陣ではあまり残されていないようです。 もうひとつ、「○○○○守宿」と最後に「宿」とあれば、その行列が、全ての材料を持ち込み、行列の台所役人が料理する、「泊」とあれば、本陣が夕食と朝食の賄いをする、「休」とあれば本陣で昼休みをとるということだそうです。

    コメント1件を表示する 2014/07/02 03:53

    写真しりとりのイメージ

    写真しりとり

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可