スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:写真しりとり

    みなさん、こんにちは。
     
     東海道の50番目の宿屋街、近江は水口の酒蔵、美冨久酒造。 蔵の前の通りは旧東海道です。この蔵元の旧宅お屋敷で見つけました。 タイトルは「欄間彫刻が酒造り」です。



     欄間は天井と鴨居(かもい)との間に,格子(こうし)や透かし彫りの板などを取りつけた部分のことで、採光・通風などのためのものであったが次第に装飾も兼ねるようになってきました。
     その一つとして美しくて豪華さのなかにも迫力のある「欄間彫刻」が作られるようになりました。
     一般的に制作期間は3ヶ月以上。200本以上のノミ、彫刻刀を使用し、厚さ5~10cmのクス、ケヤキ等の材料に花鳥・風景等様々な図柄を彫り上げていきます。
     ところが、こちらは古くから続く造り酒屋さんなので、欄間彫刻の図柄が酒造りの過程になっていました。写真の続きの図柄の入った欄間もありました。
    コメント6件を表示する 2014/07/04 18:09

    写真しりとりのイメージ

    写真しりとり

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可