スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:サークル句会

    七月前半のサークル句会が終了しました。今回の最高得点は、昇峰の「栗の花」句が7点句、次点は、泥舟さんの「夏野」句で6点句でした。次回は、夏の終りです。来回もどうかよろしくお願い申し上げます。

    最高点句7点句(◎○○○○○○)
      61.花栗や丹後は雲の低き国        昇 峰
    次点6点句(◎◎○○○○)
      78.放牧の牛車座の夏野かな        泥 舟
    6点句(○○○○○○)
      30.渓流に架かる吊橋初蛍         苦 瓜
    5点句(◎◎◎○○)
      77.望郷の丘の鎮魂仏桑花         み き
       (〇〇〇〇〇)
      14.馬止めの木柵朽ちて夏あざみ      さんせん
      34.古民家を燻す夏炉の薄明かり      しょうく
    4点句(〇〇〇〇)
      19.開墾のまだ痩せ土や夏薊        苦 瓜
      58.端居して耳だけ敏くなりにけり     昇 峰
    3点句(◎〇〇)
      10.一生は平凡でよし心太         TOTORO
      81.茉莉花や外湯に五尺湯揉棒       麦 秋
    (〇〇〇)
      11.一徹の四角四面や冷奴         しんい
      24.カンナ燃ゆ老いには重き花のいろ    方 舟
      31.公園の小便小僧風涼し         泥 舟
    2点句(◎◎)
      05.あめんぼう己の波紋逃れ得ず      しょうく
       (◎〇)
      62.母と子の指遊びゐる眠草        TOTORO
      86.婿殿の回復如何が鰻飯         麦 秋 
       (〇〇)
      27.車屋のねぢり鉢巻夏旺ん        しんい
      36.百日紅百寿を超えて肌に艶       俊 雪
      41.少年の目ざすはサッカー雲の峰     山椒の実
      44.水彩画似合うあぢさゐ雨上がり     俊 雪
      47.積乱雲切れ目に黒く富士山頂      しょうく
      53.夏草の雨に打ち臥す戦没碑       方 舟
      60.花栗の風にざわめく古戦場       さんせん
      69.人去りて長谷の大仏半夏雨       あっさむ
      74.冷奴水百選でつくる味         夢追人
    1点句(◎)
      04.明易し旅の朝湯に句碑のあり      panapana
      22.川魚の跳ねて虫取る半夏生       あっさむ
      63.浜昼顔屍のごとき貝の殻        しょうく
      85.みずすまし曲げて伸ばして全宇宙    風 花
      88.モナルダや行きつ戻りつ夏の蝶     mira
      94.涼風の吹きぬけゆくや峠茶屋      泥 舟
       (〇)
      08.戴きし戒名父の日になぞる       山椒の実
      17.往還の榎の花や一里塚         利 明
      28.黒白の姿写して雪解富士        あっさむ
      39.シャンソンの余韻に浸る夜の秋     しんい
      45.過ぎ去りしことは問わずに冷し酒    山椒の実
      49.蝶ヶ岳眺むる槍穂雲の峰        あっさむ
      50.梅雨雲の蓋をしゐるや奈良盆地     利 明
      51.梅雨晴や竿竹売の声高き        利 明
      52.長梅雨や湯治の宿の破れ窓       まいるど
      54.夏雲や窓開け放つ自習室        利 明
      57.箱庭に村の未来を託したり       山椒の実
      59.芭蕉丸歌声響く夏最上         panapana
      66.万緑やランプの宿の渡し船       さんせん
      67.火蛾の舞ふ灯りの鈍き田舎駅      さんせん
      71.向日葵の熱き吐息や夕の風       方 舟
      72.向日葵や板塀の反る日向道       昇 峰
      82.窓開けて入るる川風夏料理       昇 峰
      87.もてなしは若鮎の膳伊豆の宿      麦 秋
      89.嬰の名を呼べば微笑む合歓の花     麦 秋
      90.夕されば少女なまめく藍浴衣      TOTORO
      92.夕焼けて塒に帰る鴉かな        泥 舟
    無点句
      01.ああ言へばかう言ふ人や海月浮く
      02.青田風輪中に継ぎ目なかりけり
      03.アガパンサス水色涼し恋の花
      06.餡蜜や心に沁みるモダンジャズ
      07.いかずちの武蔵の空を駆け抜けり
      09.一陣の風に去来す雲の峰
      12.鵜飼い終へ音流るる長良川
      13.うすものや瓜実顔の尼法師
      15.海亀の子らいつせいに帰る夜
      16.海の日やきけわだつみの声はるか
      18.大瑠璃や靄の中から行者現る
      20.影のなき高き燈台夏霞
      21.闊歩する雨傘ゆるる青しぐれ
      23.蚊を打ちて光秀いよよ決断す
      25.岩峰のさらに厳しくはたた神
      26.草むしり無口の中に触れ心
      29.薫風や母子と言へど他家の嫁
      32.轟音と豪雨で威すはたた神
      33.子会社へ出向といふ端居かな
      35.沙羅の花精舎の庭に暮れなづむ
      37.幸せを噛みしむ妻の喜寿の夏
      38.滴りの岩より落ちて富士揺れる
      40.逡巡のひと日過ぎゆく遠蛙
      42.生薬の蝮まことに有難し
      43.白南風や棟上げの鯛ぴんと反り
      46.捨て鶏の餌ねだり寄る梅雨曇
      48.托鉢の鈴の音色や朝曇
      55.七十路や水切り七つ夏の川
      56.はいポーズ子等の笑顔や花紫陽花
      64.万緑や枯山水に石の島
      65.万緑や湖畔に出会ふ猿の群れ
      68.秘境より水け沸く立つ雲の峰
      70.ひと回り太き利き腕汗ばめり
      73.冷麦やぬるき温泉峡の宿
      75.蓋開ける音にこだわるラムネ党
      76.古き宿廊下の軋み百合の花
      79.迷子放送繰返す夜店かな
      80.負けぬ気のラジオ体操海紅豆
      83.まなかひに巨岩奇岩や心太
      84.短夜や新聞開きむし眼鏡
      91.夕立に右往左往やバーベキュー
      93.呼出され職員室に端居かな
      95.わが影に蝙蝠紛れきて現

    転写につきまして間違いがありましたら、お早めにお申し出ください。

    選者(敬称略)

    あっさむ 泥 舟 麦 秋 しょうく しんい TOTORO mira panapana 俊 雪 まいるど み き 方 舟 山椒の実 夢追人 苦 瓜 さんせん 風 花 昇 峰
     
    コメント18件を表示する 2014/07/08 20:39

    サークル句会のイメージ

    サークル句会

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可