スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:写真しりとり

    みなさん、こんにちは。

     京都の西本願寺御影堂(ごえいどう)前にある天水桶の四隅を支える4人の天邪鬼です。
     重い石の桶を4人で力を合わせてけんめいに支えています。



     なぜ、天の邪鬼が?
     天の邪鬼は、ひねくれた神 のことで、よく寺院で見かける、仁王や四天王に踏みつけられた小さな鬼も天の邪鬼といいます。
     仏教では天の邪鬼は人間の煩悩の象徴となっています。
    このようなことから、昔の職人さんの遊び心で作られたようです。 昔の職人さんは教養もあり、遊び心いっぱいの人のようですね。前にアップした「埋め木」も職人さんの遊び心からでした。
     因みに、この天の邪鬼は1636年 (寛永13年) からずっと天水受けを支え続けているのです。
    コメント6件を表示する 2014/07/11 18:53

    写真しりとりのイメージ

    写真しりとり

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可