スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:写真しりとり

     皆さん、おはようございます。

     京都大原「寂光院」の旧ご本尊「六万体地蔵菩薩」の胎内仏(たいないぶつ)です。
     胎内仏とは仏像の胎内に納められた小仏像のことです。平安時代以後の仏像にみられます。
     よって、タイトルは「胎内仏」とします。



     寂光院は2000年に心ない者の放火により、本堂は全焼、ご本尊は大きく焼損してしまいました。 本尊の周囲を埋めつくすように並んでいた小さな地蔵菩薩像も9割ほどが焼けてしまいました。
     だが、本尊の中に納められていた「像内納入品」は、いわゆる「胎内仏」を含めてすべて無事でありました。
     ご本尊は財団法人美術院において劣化を防ぐために3年がかりで樹脂を塗るなどの修理を施されて、こんにちも「木造地蔵菩薩立像(焼損)」の名称で、像内納入品ともども重要文化財に継続して指定されています。
     現在は本堂よりも奥の高台にある耐火構造の収蔵庫に安置されていて、特定日のみ一般に公開されています。
     
     新しい本堂には、国宝修理所の小野寺久幸仏師によって、形や大きさはもとより、鎌倉時代の制作当時そのままの美しい彩色を施されて元通りに復元された新たな木造地蔵菩薩立像が安置されています。  
    コメントする 2014/08/03 02:32

    写真しりとりのイメージ

    写真しりとり

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可