スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 長崎県佐世保市の県立高校女子1年生が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された同級生の少女(16)の父親の責任論が議論の的になっている。

    漂白剤混入にネコの解体、さらには金属バット事件を起こした少女の“暴走”を止めることなく、1人暮らしをさせ、悲劇は起きた。専門家は「子供の壁になれない、甘い父親像が浮かび上がる」と指摘しています。

    慘殺された女子生徒のご両親の心痛のほどは、想像もつきません。この事件の凶行に至る前に彼女を止め、救うことができなかったのか。この痛ましい事件を、子を持つ親として親の責任をどのように考えますか。

    また、この事件の教訓から、どのような検証を求めますか。
    コメント2件を表示する 2014/08/04 17:57

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要