スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:写真しりとり

    みなさん、こんにちは。

     こちら、朝から晴れたり、雨降ったりとヘンな天気です。

     近くの建部大社境内の立て札に写真のようなことが書いてありました。
     よって、タイトルは「幻の千円札」とします。



     内容がよく分からなかったので、ネットで調べてみました。

     この千円札は終戦からわずか2日後の、昭和20年8月17日に日本銀行から他の新紙幣の発行とともに流通が開始されました。
     その千円札には、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)とここの建部大社の絵柄が印刷されていました。
     日本ではじめて発行された千円札ですが、当時の貨幣価値から換算すると現在の50万円くらいに相当する超高額紙幣でした。
     50万円でもびっくりですが、実はもっと高額で、この千円札で米俵が160俵も買えたとの話しもあります。これから計算すると米俵1俵が60キロなので、今なら2万4千円ほどになるので、384万円となりちょっと信じられない数字の超高額紙幣になります。
     
     この紙幣はインフレになった時のために昭和16年から製造されていたもので、戦時中はずっと日本銀行の金庫の中に眠っており、戦争が終わってこの日にやっと日の目を見たものです。
     しかし終戦後、日本は半年で物価が2倍になる急激なインフレに見舞われます。
     そこで政府はそれを抑えるため、この千円札を出した半年後の昭和21年2月25日強引な「新円切替」を実施したのです。
     これはその時点で流通している5円札以上の全ての紙幣を無効にしてしまう、というものでした。
     そのため5円札以上の所有者は11日間の移行期間の内に、それを全て銀行にいったん預金して新円で払い戻してもらわなければならなくなりました。
     しかも、この払い出しも一人100円までと制限を付けました。
     日本武尊の千円札は高額な上に発行後半年しかたっていなくて殆ど出回っていません、それがこの新円切り替えにより、1946年(昭和21年)3月2日限りで失効することになったのです。
     このため、この千円札は当然ほぼ全部銀行に回収されてしまいました。
     従ってこの紙幣は現在ではまず持っている人のいない「幻の紙幣」となったのです。

     それと、この千円札の画像をよく見ると、中央右辺りに「此券引換に金貨千圓 相渡可申候」(この券と引き換えに金貨千円をお渡しできます)と書いてあります。
     と云うことは、この千円札は日本で最後の兌換紙幣になります。 それ以降、現在の紙幣は不換紙幣で、信用によってのみ通用していることになり、価値責任の裏づけは何も無い、ということになっています。
     そして今や、日本銀行はこの価値責任の裏づけがないお札と、紙幣さえ必要ない電子決済で、通帳に数字を記入するだけでお金を創造し、流通させています。
     このことはよほど、しっかり経済情勢に合わせた、運用をしていかないと大変なことになりそうですね。                    
    コメント2件を表示する 2014/09/06 13:20

    写真しりとりのイメージ

    写真しりとり

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可