スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:写真しりとり

     皆さん、おはようございます。

     先日、旧東海道を大津宿から京都に向かって歩いていて、有名な鰻やさんの駐車場で見付けた「うなぎのぼり」です。
     よく「株価が鰻登りに上昇した」というような表現がありますね。昔から「株価のうなぎのぼりを祈って、ウナギを食べる証券マンは多いとか。特にアベノミクス以降、兜町にある老舗うなぎ屋さんが賑わっていているようです。
     他にも、昨年の「倍返し」のセリフでで有名になった人気ドラマ「半沢直樹」の視聴者数が前回比で3割アップの「うなぎのぼり」であるなどと使われていました。
     そこで、ねこっち さんの「う」に繋いで、タイトルは「うなぎのぼり」とします。



     うなぎは海で産卵し、稚魚が川に入り、上流をめざします。そのような魚の例は他にもいますが、登るという能力において、ウナギは飛び抜けています。
     多くの魚は流れに沿って上流へと向かって行きますが途中に滝があれば、たいていの魚はそれ以上は登ることができません。
     ところがウナギはその滝を登る事もできるそうです。長い体で石の間に入り、あるいは濡れた石の面を這うようにして上流へと移動して行きます。
     一説によると日光中禅寺湖に生息するウナギは、華厳滝を遡って来たものと云われています。
     このような躍動的なうなぎの生態から、うなぎが川をのぼるがごとき勢いで上昇していく様を「うなぎのぼり」と呼ぶようになったそうです。
    コメント8件を表示する 2014/12/10 03:30

    写真しりとりのイメージ

    写真しりとり

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可