スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:写真しりとり

     皆さん、おはようございます

     昨日はこちら、まずまずのいいお天気でした。

     もう、3年か前の夏のことですが、彦根市の胡宮(このみや)
    神社を取材して、次の多賀大社に向かっていたら、途中で引率
    の方が近道をしますと言って雑木林のなかへ入られた。
     私はヘビやマムシなどがいそうな所には足を踏み入れないの
    ですが、グループ行動なので仕方なく列に従った。
     雑木林とは云え、ちゃんと整備された山道が造られていたの
    で助かりました。
     アップダウンもあり、これはヤバイと内心は心配でしたが
    結果的にはクリァー出来て私にはいい経験になりました(笑)
     
     それでは @スズジイ@ さんの「てわたしで どうぞ」に繋ぎ
    ます。
     タイトルは「ぞうきばやしをゆく」とします。



     タイトルの「雑木林…」と書くことに少々ためらいがありま
    した。
     それは、昭和天皇が留守中に、お住まいの庭の草を刈った
    侍従の入江相政に語られた言葉を思いだしたからです。
     入江さんが「雑草が生い茂って参りましたので、一部お刈
    りしました」
     すると天皇は「雑草という草はない。どんな植物でもみな
    名前があって、それぞれ自分の好きな場所で生を営んでいる。
    人間の一方的な考え方で、これを雑草として決め付けてしまう
    のはいけない。注意するように」と諭されたとのことを読んで
    覚えていたからです。
                       
     この「雑草という草はない。どんな草にも必ず名前がある」
    というお示しは、草と木の違いはあっても同じことなので、
    私が個々の木の名前を知らないから、勝手に「雑木林」として
    ひとつに括ってしまったが、はたしてこれでいいのかなとの気
    持ちがあったからです。
     まぁ、ここはしりとりで「ぞ」から始まる言葉が必要だった
    ので許してくださいな。
    コメント8件を表示する 2015/01/19 01:14

    写真しりとりのイメージ

    写真しりとり

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可