スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • サークルに参加しているのも忘れるほどの御無沙汰です。
    冬場だけの参加で且ごくまれの投稿です。

    この冬出会った野鳥のうち、ちょっと珍しい鳥や姿を拾って
    みました。カラアカハラ(らしき鳥)以外はごくありふれた野鳥
    ですが、個人的には普段出会っていないため眼には珍しく映る
    鳥や姿です。(カラアカハラ⇒イソヒヨドリに修正します)

    1)シメ
     公園の滝壺近くで初めて出会いました。強烈な嘴が強い印象に
     残っています。

    2)ウソ
     同じ公園の桜の木に集団でやってきて、新花芽を片っ端から
     貪っています。見た目綺麗に見える野鳥ですが見続けると、
     その貪欲さに腹立ちます。大きな集団にやられたら、桜はひと
     たまりもありません。

    3)イソヒヨドリ(のようです)
     当初はアカハラの仲間かと考えていましたが、間違っていた
     ようです。
     その後ご教示いただき、イソヒヨドリとのことです。

    4)コゲラのように虫を取るヤマガラ
     木に逆さになる形で、樹皮の中の虫を探しています。

    5)ビンズイ
     どの野鳥も同じ行動をとりますが、地表に下りて枯葉を裏返し
     ながら、一生懸命虫を探しているようです。
     動物性の餌に飢えているようです。


    今年は沢山の種類の野鳥に出会うことができました。
    ジョウビタキの雌雄、カワラヒワ、カシラダカ、ホオジロ、モズ
    アルバムが賑わいます。
    コメント8件を表示する 2015/02/06 19:45

    《野鳥と原生林を守りたい》のイメージ

    《野鳥と原生林を守りたい》

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可