スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 菅義偉官房長官は、沖縄県・尖閣諸島を日本語名で表記した1969年発行の中国の地図を外務省が公表したことに関し「中国がつくった地図に尖閣の名称があるのは事実。現在の中国側の(領有権の)主張が矛盾していることを示す」と強調しました。

    一方、中国外務省の洪磊ホンレイ副報道局長は「(同諸島が中国の領土という)歴史的事実は誰かが無駄な努力をして探し出した1、2枚の地図で覆されるものではない」と述べたそうです。

    明確な証拠を提示しても取り合わない中国の姿勢について、皆さんはどう思われますか?
    コメント2件を表示する 2015/03/19 09:42

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要