スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 検索大手「ヤフー」が、検索結果の削除を求められた場合の新しい基準を公表しました。この中では、削除に応じる対象として、長期間経過した警備な犯罪に関する情報、未成年者に関する情報やいじめの被害に関わる情報などを盛り込んでいます。
    ネット上での個人のプライバシーを巡っては、いわゆる「忘れられる権利」の議論が欧米で活発化しています。ヤフーは昨年11月、有識者会議を設置し、対応を検討してきました。
    ただし、公職者や企業経営者、著名人の情報などは、公益性が高いものだとして、削除には慎重に対応するとしています。

    「表現の自由」「知る権利」とプライバシーとのバランスを取ろうとしたこの基準について、皆さんはどう思いますか?
    コメント3件を表示する 2015/04/01 10:07

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要