スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • ロシア軍が3月中旬に実施した大規模演習の際に、北大西洋条約機構(NATO)軍や米軍とみられる仮想敵が、北極圏の島や北方領土を含む千島列島を攻撃し戦闘が起きた事態を仮定、核兵器の限定的先制使用の可能性を想定していたことが分かりました。
    プーチン政権は今回、演習に関して核使用準備を示唆する情報を部分的に公開。ウクライナ情勢をめぐり欧米との関係が極度に悪化すれば核使用も辞さない姿勢を示してけん制、 攻撃を思いとどまらせる抑止効果を高める狙いとみられています。
    仮想戦場となった千島列島は、ロシア太平洋艦隊の戦略原潜が活動するオホーツク海を守る位置にあり、軍事的価値が増しています。米ロの緊張は極東情勢にも波及、年内に予定されるプーチン氏訪日で焦点となる領土交渉にも影響を与えそうです。
    関係筋によると、ロシアは「核兵器使用のハードルを下げることで、核の抑止力を相対的に高める決定を下した」といわれます。

    この演習やロシアの態度について、みなさんはどう思いますか?
    コメント1件を表示する 2015/04/03 10:44

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要