スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 「生きていけなくなると思った」――。生活に行き詰まったひとり親家庭の母親が、中学生の長女を殺害した罪に問われています。事件があったのは、家賃滞納で県営住宅を立ち退く日の朝のこと。 母親は給食センターでのパート収入が年間で100万円に届かない程度あったとみられます。そのほかの収入ははっきりしませんが、児童扶養手当などを月約5万円受け取っていたといいます。
    生活が苦しい人の相談にのる新制度「生活困窮者自立支援制度」が4月にスタートし、困窮する人向けの相談窓口が自治体にできます。新しい制度は、それぞれの事情を抱え、このままでは生活保護を受けることになりそうなほど困窮した人を主な対象にしています。窓口のスタッフは、相談者ごとに支援プランをつくり、必要な支援につなげます。条件を満たす人には家賃相当のお金を一定期間、支給する事業もはじまります。

    さて、皆さんは、この制度で、助けが必要な人に行政の支援が行き届くと思いますか?
    コメントする 2015/04/06 11:26

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要