スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 韓国メディア・ニューシスが、全米一の桜の名所・ワシントンDCのポトマック川の桜は、 日本の桜ではなく済州島の桜だと主張する在米韓国人ジャーナリストのムン・ギソン氏のインタビューを掲載しました。
    同氏によれば、ポトマック川の桜は、1912年に尾崎行雄東京市長から日米友好の象徴として贈られた桜は、病虫害感染が確認され焼却されており、尾崎市長はその後、1912年にワシントンに3020株、ニューヨークに3000株を贈ったが、短期間に6000本を超える桜を集め、米国に贈れるのか、納得がいかないとして、日本が済州島の桜を採取して贈ったものだと主張しています。
    また、「今からでも、済州で1911年頃にソメイヨシノが採取された記録があるかもしれない。 政府レベルで隠された歴史の発掘に乗り出すべきだ」と訴えています。

    さて、皆さんは、何の根拠もないムン・ギソン氏の主張についてどう思いますか?
    コメント3件を表示する 2015/04/08 12:43

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要