スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 那覇市・城間幹子市長は若狭緑地で建設中の「龍柱」の事業費に充てる予定だった一括交付金の一部(約6,400万円)の繰り越しを断念し、単独予算で完成を目指す方針を決めました。
    市の担当は、断念の理由について、2014年度中の完成予定だった工期が設計変更や委託業者での人員不足などの影響で遅れ、工期を3カ月延長したと説明。一方、3月24日の工事期限までに国と繰り越しの調整がつきませんでした。中国に発注した龍柱本体は14年12月までに制作を終了し、すでに沖縄へ運び込まれています。市議会では今月末にも臨時議会を開き、予算などについて議論するとのことです。
    なお、「龍柱」は中国皇帝のシンボルであり属国だという印になるとして、これに反対する市民の会が立ち上がっています。

    さて皆さんは、基地問題と平行して進む「龍柱」建設について、どう思われますか?
    コメント2件を表示する 2015/04/17 09:21

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要