スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 2030年の電源構成比率を決める政府の議論が最終段階を迎えています。
    経済産業省は、太陽光など再生可能エネルギーの割合について「20%台前半」という低めの目標を設定する方向で検討。経済を重視し、電気料金の値上がりによる影響を避けたい考えです。
    一方、原発や石炭火力など、政府が発電コストが安いと位置づける「ベースロード電源」は6割とし、原発は2割程度残る可能性が高いとみられます。
    環境省は再生エネを約24~35%にできるという試算を公表しましたが、経産省は「実現可能性が十分考慮されていない」として、考えに組み込まない方針。両省の考え方には隔たりがあります。

    政府内からも反発のある経産省の方針を、皆さんはどう思いますか?
    コメント1件を表示する 2015/04/21 09:24

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要