スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 26日投開票の大阪府の3市長選で、地域政党「大阪維新の会」が推薦した候補が、自民党など推薦の候補にいずれも敗れました。
    維新推薦で敗れたのは吹田市の現職と寝屋川市の新人、次世代の党とともに推薦した八尾市の新人。吹田は自民、公明両党が推薦した新人が勝利。八尾は松井一郎・維新幹事長(大阪府知事)の地元ですが、自公や民主党、社民党が推す現職が勝利しました。寝屋川は自民が推す新人が制しました。
    維新が推進する「大阪都構想」について自民、民主、公明、共産は反対しており、住民投票の結果は、大都市制度のあり方を巡る各地の議論の契機になるほか、来年夏の参院選での橋下氏の国政進出の可能性や野党再編など国政にも一定の影響が及ぶとみられています。
    都構想の是非を問う住民投票(5月17日投開票)の告示を前に、大阪市に隣接する2市を含む3市長選の敗北で維新は出ばなをくじかれた形です。

    暗雲立ち込める維新、意気上がる反維新。皆さんはどちらを応援しますか?
    コメントする 2015/04/28 09:07

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要