スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 総務省が4月17日に発表した人口推計によると、65歳以上の人口は3,300万人で、前年に比べて110万2,000人の増加となり、初めて年少人口(0~14歳)の2倍を超えました。 航空業界や旅行業界などが、アクティブシニアと呼ばれる定年前後の人たちの心をつかむべく、さまざまなサービスを提供しています。
    例えば、全日空や日本航空ではシニアを対象に割引サービスを実施。また、高速バス大手のウイラートラベルは55歳以上を対象に、東京‐大阪間3,000円という格安運賃を用意。 新たな参入の動きも。阪急阪神HDはアクティブシニア向けのライフサポート事業に参入すると発表。会員制サロンを開設し、趣味や旅行などを通じた会員の交流、現役時代の経験を生かしたビジネスやボランティアなどの機会を提供しようというもの。電鉄というブランド力で、シニアをターゲットにした事業を本格化しようとしています。

    意欲と行動力に満ちたアクティブシニア層を取り込もうとあの手この手を繰り出す各社。皆さんはどのようなサービスに期待しますか?
    コメント2件を表示する 2015/05/07 10:32

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要