スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 50年ほど前に死亡した両親の年金を不正に受け取った詐欺などの疑いで86歳の女が逮捕されました。だまし取った年金は総額5千万円以上とみられますが、大部分は公訴時効(7年)が成立しています。逮捕された岐阜県恵那市の無職・鈴木光枝容疑者は、「身に覚えがない」と否認しています。
    年金機構の担当者は「現況届を受け取った以上、基本的には信用するしかなく不正受給に気付くのは難しい。防止策を検討していく」と話していますが、半世紀もの間、なぜ不正受給に気づけなかったのでしょうか?
    老後の生活を支える大切な年金をだまし取る悪質な不正受給。

    皆さんはこうした現状についてどう思われますか?
    コメント3件を表示する 2015/05/11 09:10

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要