スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 世界動物園水族館協会(WAZA)が、日本動物園水族館協会(JAZA)の会員資格を停止したことがわかりました。日本の水族館が和歌山県太地町の追い込み漁で捕獲したイルカを入手していることが、倫理規範に違反していると指摘しています。
    これに対し、太地町立くじらの博物館の桐畑哲雄副館長は「感情的な決定で、イルカの追い込み漁がやり玉に挙げられている」と批判。
    一方で、国際指名手配中の反捕鯨団体シー・シェパード創設者のポール・ワトソン容疑者は、WAZAの議決を「称賛する」と発表。イルカ漁は「恐ろしい殺りくだ」としています。
    国際組織との関係悪化により、日本の動物園や水族館が希少動物の繁殖などで海外から協力を得られなくなる懸念も。

    追い込み漁は水産庁が算出した資源維持可能な捕獲量の範囲内で行われていますが、こういった国際的な批判に対して、皆さんはどう思われますか?
    コメント2件を表示する 2015/05/12 09:48

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要