スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • インドのモディ首相が就任後初めて中国を訪問。習近平国家主席が最初の訪問地・西安までわざわざ出向いて迎えるという異例の歓待ぶりでした。
    首脳会談では、習主席が中国が主導するシルクロード経済圏構想やアジアインフラ投資銀行(AIIB)への協力を要請。モディ首相は、南アジア地域の発展のために協力を強化していく姿勢を示したということです。
    モディ氏の就任後、南アジアでは中印両国が活発に外交を展開。守勢の習氏には経済力を背景としたAIIBなどの支援戦略が。モディ氏への異例の厚遇には、中国への対抗心を和らげ、南アジアでのインドの勢いをそぎたい考え。インドの米国への接近に歯止めをかけたい思惑も垣間見えます。

    人口規模で世界の2大国となる両国間には、インドと対立するパキスタンに向けた中国の支援や、国境紛争など多くの問題が。両国の接近は世界情勢においてどのような意味を持つのでしょうか?
    コメント1件を表示する 2015/05/18 08:55

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要