スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 17日、「大阪都構想」の賛否を問う住民投票が行われ、開票の結果、約0.8ポイントの僅差で反対が賛成を上回り、大阪市の存続が決まりました。この結果を受け、橋下徹大阪市長は12月の任期満了に伴う政界からの引退を明言。引退後は本来の弁護士の仕事に戻る考えを示しました。橋下氏の引退により、橋下氏と連携して憲法改正などの実現を目指してきた安倍首相の政権運営にも影響がありそうです。
    橋下氏は大阪府と市の二重行政の解消をめざして都構想を提唱してきましたが実現に至らず、“ケジメ”として引退する考えですが、一方で原発再稼働や年金改革といった課題を残したまま身を退くのは無責任、との見方も。

    住民投票の結果と、橋下氏の進退について、皆さんはどう思われますか?
    コメント4件を表示する 2015/05/19 09:09

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要