スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 戦争中の他国の軍隊を後方支援するための新法「国際平和支援法案」。自衛隊の派遣には国会の事前承認を例外なく義務付け、首相から承認を求められた国会には衆参両院で各7日、計14日以内に議決する努力義務規定や、2年ごとの国会承認を義務付ける規定などが明記されています。
    法案は自衛隊を派遣して他国軍の後方支援をする必要がある事態を「国際平和共同対処事態」と定義。戦争中の米軍など他国軍に弾薬を含む補給や輸送などの支援活動を行い、「国際社会の平和及び安全の確保に資する」としています。
    この法案に対しては、自衛隊の活動地域が「戦闘が行われている場所」以外に拡大されることになり、自衛隊員に犠牲が出るとの批判が。

    政府の長年の悲願であった恒久法ですが、皆さんはどう思われますか?
    コメント7件を表示する 2015/05/20 08:45

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要