スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 関西電力が申請した平均8.36%の家庭向け電気料金引き上げが政府により認可され、値上げが6月1日から実施されます。八木誠社長は18日の記者会見で陳謝。今期の業績見通しは「原発の再稼働次第」としました。11月の再稼働を想定するのは福井県の高浜3、4号機ですが、福井地裁は4月に再稼働を認めない判断を出しており、司法手続きで覆すにはどれだけ時間がかかるか不透明です。
    ひと足早く今年4月に再値上げされた企業向け料金は、東日本大震災前から3割ほど上昇。度重なる負担に耐えかねて、低料金の特定規模電気事業者(新電力)に切り替えようとする動きが出ています。家庭からも負担の重さに悲鳴が上がり、景気回復への悪影響も懸念されます。

    経産省の審査のあり方にも疑問の声が上がる今回の再値上げ、皆さんはどう思われますか?
    コメント2件を表示する 2015/05/20 08:46

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要