スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 大阪都構想の否決で代表が辞任するなど、党内の混乱が続いていた維新の党の新たな執行部が21日、スタートしました。
    柿沢政調会長が幹事長に就任し、今井政調会長代理が政調会長に昇格したほか、馬場国対委員長と片山総務会長は留任。橋下徹最高顧問(大阪市長)、松井一郎顧問(大阪府知事)の続投も決まりました。維新は両院議員総会を開き、松野頼久代表が「第2世代が育ってほしいということで、いろんな経験を積んでもらいたいとの思いを込めた」と人事の狙いを語りました。松野氏は総会後「とにかく改革政党であることを前面に打ち出していきたい」と強調。

    政界全体の構図にも影響を及ぼしそうな維新の党首交代という事態について、皆さんはどう思われますか?
    コメント1件を表示する 2015/05/22 09:18

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要