スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:◆四季を楽しむ花◆

    亜高山帯の針葉樹の林床に生育するラン科の多年草。

    鱗茎(りんけい)があり、1枚の葉と1本の花茎をつける。
    葉は楕円形で長さ2.5~5㎝、裏面は紫色を帯びている。
    草丈10㎝程の花茎の先に、花を1個やや下向きに開く。

    5月下旬 長野県 八ケ岳山麓





    アルビノの白花と思って写したが、同行したランの研究者から「受粉が終わると色が抜けて白っぽくなる」と教えて頂いた。

    小さな崖っぷちで咲いていたと思われる株が雨で抜けていた。
    本来地下にある鱗径を初めて見ることが出来た。

    ここもご多分にもれず鹿の食害が・・・
    地元行政の予算が付いてホテイランの密集している場所を囲って保護した。

    環境省カテゴリ:絶滅危惧ⅠB類(EN)
    都道府県のRDB(レッドデータブック)指定状況:
    http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06050316498
    コメント8件を表示する 2015/05/27 07:39

    ◆四季を楽しむ花◆のイメージ

    ◆四季を楽しむ花◆

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可