スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • コンビニ各社が高齢者の採用を強化しています。チェーン加盟店が独自に採用する例は以前からありましたが、最近は本部も積極的。
    ローソンは人材紹介会社「ローソンスタッフ」を設立し、高齢者の就労機会の拡大を期待する横浜市とタッグを組みました。4月から横浜市の就労相談窓口で「ローソンスタッフ登録説明会」を開き、店舗の紹介、研修を行っています。
    セブン―イレブンは、2013年に福岡県と協定を結び、県の「70歳現役応援センター」と連携。店に見学や面接に行く高齢者に職員が同行します。同社は福島、千葉、宮崎の各県とも同様の協定を結んでいます。1日2~3時間の勤務を希望する人も歓迎とのこと。実際に働く高齢者からは、「お客さんと接するのが好き」と勤務を楽しむ様子が伺えます。

    コンビニによるこのような取組みを皆さんはどう思われますか?
    コメント1件を表示する 2015/05/28 09:03

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要